鬼に金棒、キチガイに不倫

探偵について、その特徴を考えると、怪しいと思われることを避けるために充分すぎる注意を払って地味にコツコツと調査していきますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、自分の目的を話して表立った調査をしているようです。探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、一方、興信所は情報を集めることが上手だと言っていいでしょう。

浮気調査に必要な期間は、平均では一週間以内です。最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的な期間です。浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、3~4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあるのです。逆に、浮気する可能性の高い日があらかじめ分かっているなら、調査期間は1日で済むこともあります。

日々、相手の生活の様子を気をつけてみておくことは自分ひとりでも可能ですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を入手するためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方が失敗がありません。そして、探偵に頼む場合、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。

探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚をしないという選択肢もあります。その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。反対にそれが男性の場合でもまた同様で仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。

探偵が何もミスをしなくても、依頼者側に落ち度があって、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって証拠集めがやりにくくなり、証拠が揃わないこともあります。いくら探偵の浮気調査でも、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。失敗した場合の代金についても、調査する前にちゃんと確認しておきましょう。

行動をメモしておくことで浮気の証明をできることもあります。普通は、人間の一日一日の行動にはパターンができてくるものです。にもかかわらず、浮気をしてしまっていると、行動のパターンが変わります。
ペアーズ
揺らぎの出た曜日、時間帯を確認できたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。